ナカムラヒロシがプロデュースを担当しました。