ナカムラヒロシがプロデュースを担当しました。

https://www.youtube.com/watch?v=_pG2lMvrCw0